daizi
pen_logoThe Ariake shimpo web news
tokei
cleba
| 新聞購読のご案内 | 紙面広告のご案内 | 会社案内 | 主催行事 | 
Google www を検索 ariake-news.co.jp を検索
Notice  今日の紙面から 
☆ 採 用 情 報 ☆
選 挙 速 報

平成29(2017)年 3月 22日 水曜日


  1. 地域と歩んだ130年 本郷小が休校へ みやま
     みやま市本郷小学校が今月31日付で休校する。130年の歴史を持つ伝統校だが、児童数の減少により同市下庄小学校に編入され、一端、幕を閉じる。22日には同市と同市教育委員会主催の休校式、26日には地域で実行委員会を組織して行う休校記念行事も開催。地域と共に歩んできた歴史を振り返り、別れを惜しむ。

  2. あの日を忘れない 熊本・東日本復興願い 筑後で支援イベント
     サザンクス筑後による熊本地震・東日本大震災復興支援事業「あの日を忘れない」が19、20の両日、筑後市若菜の同施設で行われた。19日は地元の中高生らによるジャズオーケストラコンサート、20日には「復興支援フェスティバル」と題して講演や写真展、ワークショップなど盛りだくさんのイベントを実施。被災地の復興を願い、協力を呼び掛けた。

  3. 「市民の心一つに」と願い Tシャツデザイン 最優秀は高田さん あらお荒炎祭
     第24回あらお荒炎祭のTシャツデザインが、選定委員会による審査で決定した。最優秀賞を獲得したのは荒尾市宮内の高田昌範さん(40)。咲き誇る梨の花と梨の果実、干潟を飛ぶ渡り鳥、万田坑と空に浮かぶ月、荒炎祭で輝くあんどんが素材になっている。


     「こだわり」という言葉がある。どうでもいいようなことをひどく気にする、物事に拘泥しすぎるなど、今風に言えばネガティブな響きを持つ言葉だ。しかし最近は使われ方が変わっている。もともとの意味を考えれば、間違って使う人が増えたとも言えよう▼例えば食に関しての「こだわり」と言えば、強い思い入れをもってよりうまいものを作ろうとする姿勢である。料理人が気に入った素材に付加価値を与え、味を追求しようという思いもそうであろう。ご当地ラーメンなどその代表的な例ではないか▼ものづくり職人やその技もしかり。伝統工芸の世界紹介でもよく耳にする。木工のまち大川市では「創作家具とこだわりもんたち」というタイトルの展示会があった▼最近は観光へのニーズが変化しているとも指摘される。単に名だたる観光地、名所旧跡などを大人数の団体で見て回るのでなく、住民とのふれあいなどを通してその地域ならではの物語を知りたいという希望が増えているというのだ▼「こだわり」の用法が変わってきたのには、そのような背景があるようにも思える。拘泥すると言えば、その対象として思い浮かぶのが金銭。「金の亡者」「銭ゲバ」などといわれるようなことはなくても、誰しもないよりはあった方がいいというはず▼だが高度経済成長が終わり、金が全てではないといった価値観を持つ人も多くなったといわれる。いろんなものに価値を見いだそう、見つけたいとの思いが、「こだわり」という言葉のイメージを変えたかもしれない。

そのほかの記事紹介
南関で竹を使い産業創出目指す
大坪さんが観光功労で県表彰
吹奏楽フェスタに荒玉地区19校
柳川中学バレーで山川男子3位
住民で地域づくりをと研修会

過 去 の 記 事
こ よ み
郷 土 の 歴 史
荒尾 大牟田
柳川
書 籍 の ご 案 内
投   稿
出 版 物
お 問 い 合 わ せ
個 人 情 報
有 明 地 域 リ ン ク

pen_logo

郷土の日刊紙

まちを知る
人を知る情報源

cleba_page

有明地域生活情報誌
フリーペーパー CLEBA

有明地域の約300箇所に設置
有明新報と大牟田・荒尾・みやま市の
西日本新聞にも折り込み中

60,000部発行






-天気予報コム-


株式会社 有明新報社


本   社
〒836-8512
大牟田市有明町1丁目1-17
TEL 0944-52-1212(代)

総務部
FAX 0944-57-5144

メディア広告部
FAX 0944-51-9332

編集部・制作部
FAX 0944-52-1215

営業販売部
FAX 0944-52-1214

柳川総局
〒832-0077
柳川市筑紫町407番地の6
TEL 0944-73-5037(代)
FAX 0944-73-5047
tizu


buil

配達エリア
福岡県 大牟田市 柳川市 大川市 みやま市 筑後市 
熊本県 荒尾市 長洲町 南関町 玉名市

新聞購読のご案内

(since 1.april 2000)


「今日の紙面から」の更新は、日~金曜(休刊日等を除く)に行います


pentop 掲載の記事・写真などの一切の無断掲載を禁じます。
Copyright 2007 The Ariake Shinpo. All rights reserved.