平成16年9月1日(水曜日)

大牟田版

  1. きょう 新大牟田漁協設立
     大牟田市内のノリ現業者による新大牟田漁業協同組合(古賀健次郎組合長)が一日、設立される。新漁協の事務所は同市唐船の旧大牟田漁業協同組合連合会事務所に置くことが決まっている。

  2. ノーマリゼーションセミナー@nおおむた
     共に学び、共に生きる―。ノーマリゼーションセミナーinおおむたが十月二日、大牟田文化会館小ホールで開かれる。講演や座談会、パネルディスカッションを通して自治体や事業者、当事者、地域住民が地域福祉の在り方を学び、地域協働への共通理解を深め、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすまちづくりに役立てる。

  3. 労災事故の現場検証
     大牟田市健老町の大牟田・荒尾RDFセンターで、乾燥機から発火し同市在住の男性作業員(31)がやけどを負った事故を受け、福岡県警本部や大牟田警察署、市消防本部などは三十一日、同センターで現場検証を行い、機械の問題点や業務上の過失がなかったかなど調査にあたった。同センターでは操業マニュアルを一部見直し、乾燥機内の温度確認の徹底などに取り組んでいく方針。
     

柳川版

  1. 矢部川流域に治水事業を
     矢部川改修期成同盟会(会長・鬼丸岳城瀬高町長、十一市町)の総会が三十一日、筑後市の樋口軒であった。同会は矢部川、沖端川流域の十一市町村が河川改修工事の早期完成を目指す組織。年々公共事業の減少が続く中、総会では平成十七年度の予算確保や地域が一体となった治水事業の推進などを盛り込んだ事業計画を承認。鬼丸町長は「地域の安全を確保するためにも、国や県に最大限の事業要求をしていきたい」とねばり強く陳情していく考えを述べた。
  2. 総美展作品搬入終わる
     大川市総合美術展(市、市教育委員会、大川文化協会主催)の作品搬入が三十、三十一の二日間、市文化センターで行われ、市内外の美術愛好家から力作が持ち込まれた。

  3. 琴奨菊関後援会発足
     柳川市佃町出身の関取、琴奨菊関(20)の後援会総会(発会式)が二十九日、琴奨菊関も出席し柳川市民会館であった。会長に金縄慶次郎柳川商工会議所会頭を選出し、琴奨菊関を支援、激励することなどを盛り込んだ会則を承認した。
     

平成16年9月2日(木曜日)

大牟田版

  1. 大牟田市 三役体制整う
     空席となっていた大牟田市の助役に前福岡県商工部経営金融課参事、稲永裕二氏(51)、収入役に元九州三井アルミニウム工業代表取締役社長の江野靖夫氏(65)が一日、就任した。任期はともに四年。三役体制が整い、古賀道雄市長は「市の課題である行財政改革による財政再建、産炭地域振興に取り組みたい」と話している。

  2. 報酬削減を議員提案へ
     荒尾市議会の与党など六会派は一日に会合を開き、同市特別職報酬等審議会(若杉豊韶会長)の答申どおり議員報酬の二・五%削減を議員提案することで合意した。市議会九月定例会初日の八日に会派代表六人の連名で同議案を提出する。

  3. 近づく議員選挙
     任期満了に伴う大牟田商工会議所の議員改選は十日に選挙・選任の公告があり、同日から一号議員(十月十五日まで)、二号議員(二十九、三十日まで)の立候補を受け付ける。選挙権・選任権を得る条件となる平成十六年度の会費および特定商工業者登録負担金の納入締め切りは十日午後五時まで。
     

柳川版

  1. 平成20年ど完成に自信
     九州自動車道の瀬高町に設置が決まっている瀬高インターチェンジ(IC)の早期完成を目指す設置促進期成会(会長・石田宝蔵大和町長)の総会が一日、柳川市のニュー白柳荘であり、国、県に対して地元負担の軽減を求めることや近隣市町を含めた広域観光促進などを盛り込んだ事業計画を承認した。県が今後のスケジュールについて説明し、「今年度中にも工事に着工し、平成二十年度の完成を目指したい」と早期完成に自信を示した。
  2. 最高賞を大川ブランドに
     大川総合インテリア産業振興センター(中村文俊理事長)は大川木工まつり期間中の十月一日から三日まで、大川産業会館で「華胥(かしょ)の夢博」を開く。今回は最高賞である華胥の夢博賞受賞作品を「大川ブランド」と位置づけ、大消費地の東京や北九州市での展示会にも出展し、アピールする。

  3. 買い物や食事は町内で
     三橋町商工会(藤丸正勝会長)のプレミアム付き商品券「商品券みつはし」が一日、発売された。来年二月二十八日までの半年間利用できる。商工会では「地域経済活性化のため、商品券を使って町内で買い物や食事をしてほしい」と呼び掛けている。
     

平成16年9月3日(金曜日)

大牟田版

  1. 郷土の文化支え半世紀
     大牟田文化連合会(城禮洲会長)の創立五十周年記念式典が二日、大牟田文化会館大ホールで行われた。会の活動を支えてきた三十八人に感謝状を贈呈。終了後は踊りや歌の演芸で華やかに舞台を飾り、集まった人たちが節目の時を喜び合った。

  2. 補正予算や決算認定など31件
     大牟田市の古賀道雄市長は二日、市議会定例会を九日に招集すると告示した。古賀市長が今議会に提案するのは、平成十六年度一般会計などの補正予算五件、市立総合病院事業の設置等に関する条例の一部改正など条例関係三件、十五年度一般会計など決算認定十一件、訴えの提起八件の議案二十七件、渇ヤぷらすの事業報告など報告四件の合わせて三十一件。

  3. 「がまだしもん」に代わり 市民活動サポート事業
     荒尾市は「まちの『がまだしもん』応援事業」に代わって「市民活動サポート事業」を開始。今年度中に実施する活動を対象に今月一日から同事業による助成申請を受け付けている。
     

柳川版

  1. 気持ちのキャッチボールを
     子どもたちが事件に巻き込まれたり、犯罪の低年齢化が危ぐされている中で大和町教育委員会は、町内全域で「あいさつ運動」を展開している。あいさつを推進することで非行防止や親子、地域のきずなを深めようとの狙いがあり、町役場や中央公民館にのぼり旗、ポスターなどを掲示し、「気持ちのキャッチボールを」と呼び掛けている。松藤清志教育長は「文明とともに失われつつある感謝の気持ちを、あいさつで取り戻したい」と話している。

  2. 机といすを地元産木製品に
     大川市内の五つの小学校では児童全員の机といすが、これまでの一部金属を使ったものから地元産の木製品に取り替えられ、二日には更新後初めての授業があった。「いいにおいがするね」などと子どもたちに好評。教職員も情操教育に役立つことを期待している。

  3. 6日の1号議員公告でスタート
     柳川商工会議所第一回選挙管理委員会が二日開かれ、第二十期議員・役員改選の日程が決まった。六日の一号議員(定数三四)の選挙公告で始まり、二号議員(同二二)は部会選任で七日から。三号議員(同九)は一日に開かれた臨時議員総会で九人が推薦された。
     

平成16年9月4日(土曜日)

大牟田版

  1. まちににぎわいを
     福岡県と大牟田市が共に取り組む「大牟田市中心地区商店街活性化がんばろう会」発足の第一回委員会が三日、大牟田商工会議所で開かれた。井筒屋撤退、松屋閉店など核店舗を失い疲弊が進むまちににぎわいを取り戻すため、委員らは今後、委員会および検討部会による協議を重ね、今年度中に活性化策素案を作成、来年度に実行へ移す。

  2. 公共4施設の廃止へ市から意見聞く
     大牟田市議会の行財政改革特別委員会(矢野太刀男委員長)が三日開かれ、二十九施設ある公共施設の見直し案で廃止となっている労働福祉会館など四施設について市の考えを聞いた。議員定数の論議方法についても協議した。

  3. 災害のない職場に
     第五十五回全国労働衛生週間大牟田推進大会が三日、大牟田市労働福祉会館で開かれ、約百八十人の事業所労働衛生担当者が出席し、安全衛生の確立を考え、災害のない職場づくりへ意識を高めた。
     

柳川版

  1. 観光柳川の景観守る
     柳川市は三日開会した市議会定例会に柳川市建築指導条例の制定について提案した。河野弘史市長は「城下町の情緒あふれる魅力や豊かな風土が長い年月をかけて織りなしてきた柳川の歴史的景観の保全・形成を図ることが目的」と提案理由を説明した。具体的には建築物の高さを十六b以下に、色調についても全体として落ち着きのあるものとし、周辺の色彩との調和に配慮するよう指導する。議会の議決が得られれば公布される。

  2. 柳川市議会定例会開会
     柳川市議会定例会が三日開会。会期をこの日から十七日までの十五日間と決定したあと、河野弘史市長が提案理由を説明。また、「教育基本法の早期改正を求める意見書」提出を求める請願も上程され、この請願は文教厚生常任委員会に審査を付託した。

  3. 今月中めどに海上デモ
     福岡県有明海漁連(荒牧巧会長)は三日、三橋町の県有明海水産会館で組合長会を開き、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の中長期開門調査を求める海上デモをする方針を決めた。
     

平成16年9月7日(火曜日)

統合版

  1. まちの将来は・・・
     三池郡高田町の町長選挙を前に、同町商工会青年部(武藤勝博部長)は十二日午後七時から、町公民館講堂で立候補予定者を招き勉強会を開く。青年部部員以外の一般会員も出席は可能で、青年部は多くの来場を呼び掛けている。

  2. 大川市議会定例会開幕
     大川市制五十周年と同市出身の作曲家・古賀政男の生誕百年を記念する市民参加劇「人生の並木路〜古賀政男物語〜」(同市、同市教育委員会主催、同市民参加劇主管、有明新報社など後援)が五日、同市文化センター大ホールで上演された。満員の観客が、市民の熱演する手作りの芝居を堪能した。

  3. 市が17年度予算方針説明
     大牟田市議会の総務委員会(山口雅弘委員長)が六日、市役所北別館第一委員会室で開かれ、市は平成十七年度予算編成方針を説明した。それによると、十三年度から三年連続赤字決算で厳しい財政状況の中、十七年度決算で単年度収支均衡を目指すため、十六年度当初予算から経常経費、臨時経費などを五%、政策経費を一〇%それぞれ削減している。市が議会に対し、予算編成方針を説明したのは初めてという。
     

平成16年9月8日(水曜日)

統合版

  1. 台風18号 猛威振るう
     大型で強い台風18号が七日、九州地方に上陸し大牟田、荒尾、柳川市など有明海沿岸地域でも多くの被害が出た。柳川市で午前十時二十三分、最大瞬間風速五二・一bを記録。突風で屋根や看板が飛び、家屋の損壊、鳥居、樹木が倒壊、けが人が出るなどつめ跡を残した。陸、海とも交通機関が乱れた。

  2. 新市長選へ立候補するか
     柳川市議会定例会の一般質問は九、十の二日間開かれるが、発言者通告によると、一般市政として、来年三月二十二日に誕生する新柳川市長に現柳川市長の河野弘史氏が立候補する意思があるのか、また決意は、と聞く質問項目がある。柳川市、山門郡大和町、三橋町の一市二町の合併は県議会の議決などが残っているものの、事実上、「決定」事項。今後は初代市長に誰がなるのか、新市長選挙に関心が移っている。

  3. 事故の再発防止へ
     大牟田市議会の経済環境委員会(猿渡軍紀委員長)が六日、市役所北別館第三委員会室で開かれた。同市健老町の大牟田・荒尾RDF(ごみ固形化燃料)センターで八月二十八日、乾燥機から炎が上がり作業員一人がやけどを負った事故で市は陳謝し、発生状況や乾燥機の始業前点検要領の見直しなどの再発防止策を説明した。
     

平成16年9月9日(木曜日)

大牟田版

  1. 9月9日は救急の日
     大牟田市、大牟田医師会が主催する「救急の日」(九月九日)にちなんだ街頭啓発活動が九日午前七時五十分から、大牟田駅(東口、西口)で行われる。同市でも救急出動件数が増加していることを踏まえ、救急医療に対する市民の理解と認識を深めるため啓発用のリーフレットなどを配布し協力を呼び掛ける。

  2. 高田町長選 2氏の争い有力
     三池郡高田町長の任期途中の退職に伴う高田町長選(二十一日告示、二十六日投開票)の立候補予定者説明会が九日午後一時半から、同町役場三階大会議室で開かれる。これまでに出馬を表明しているのは無所属新人で会社顧問の高野道生氏(59)=同町北新開=と無所属新人で前助役の前原健治氏(59)=同町江浦=の二人。そのほかの表立った動きはなく、二氏の争いとなることが有力となっている。

  3. 報酬2.5%削減を議員提案
     荒尾市議会九月定例会が八日開幕。市長提出の一般会計と八特別会計、三公営企業会計の平成十五年度決算十二件や四千七百万円あまりを減額する十六年度一般会計補正予算など議案十九件と報告三件の計二十二件に加え、議員報酬を一年間の期限付きで二・五%削減する「市議会議員の報酬の特例に関する条例の制定」が与党など六会派共同で議員提案された。
     

柳川版

  1. 高齢者の急病増加
     九日は「救急の日」。柳川、大川、山門地方では心肺蘇生法講習会などを実施し、救急医療の普及啓発や意識高揚を図る。柳川、大川、三山の各消防署による救急出動状況のまとめでは、急病での出動件数が最も多く、年々増加傾向にあり、地域の高齢化率の上昇にともなって急病が増えている現状が浮き彫りとなった。

  2. 総美展入賞作品決まる
     十九日から始まる第十七回柳川市総合美術展入賞作品が決まった。応募は一般部門が二百三十五人、二百六十四点。テーマ部門は七十九人、八十一点だった。昨年に比べると合計で四十五人、五十七点少なくなった。展示点数は二百六十一人、二百五十八点。

  3. 台風18号 被害多発
     大型で強い台風18号が七日、福岡県内を通過したことで、柳川、大川市、三橋、大和、瀬高、山川の各町でもけが人が出たり、家屋が損壊するなどの被害があった。瀬高町や山川町などの一部では八日まで通電せずに暗い一夜を過ごした家庭もあった。
     

平成16年9月10日(金曜日)

大牟田版

  1. 動物園存続願い要望書
     子どもたちに夢と希望と感動を―。大牟田市が行っている公共施設の見直しに関連し、延命動物園の存続を願う市民の会(河原圭代表)は九日、市と市議会に対し動物園の存続など三項目からなる要望書を提出した。

  2. 輸出入合計30%アップ
     長崎税関三池税関支署(北川昭二郎支署長)がまとめた平成十六年七月分の貿易概況によると、管内全体の輸出は船舶類が約四五%、有機化合物が九〇%増えたことなどから前年同月の一・四倍となる総額二百八億四百万円に上ったことが分かった。輸入ではアルミニウムおよび同合金などが減り総額三十七億三千万円とわずかにマイナス。輸出入合計は二百四十五億三千四百万円で約三〇%アップした

  3. 店舗見学、互いの店知る
     大牟田市中心地区商店街連絡協議会(光山一生会長)は八日夜、同市新栄町商店街振興組合会館で、商売の原点を見つめ直す「一店逸品運動」の中で取り組んだ店舗見学会の意見を取りまとめる会議を開いた。同運動に賛同する店舗関係者からは「これが最後の砦(とりで)」「自分たちの勉強会と平行して外に情報発信していきたい」などの声が出されていた。
     

柳川版

  1. 最高賞は大川ブランドに
     デザイン甲子園の愛称で知られる全国高校インテリアデザイン展の審査が八日、大川産業会館であった。約三百六十点の力作の中から、岡山工業高校三年生・前島美沙さんの「Kind rack」が最高賞の文部科学大臣奨励賞に選ばれた。前島さんのデザインは「大川ブランド」として試作され、東京や北九州市での展示会に出展される。地元の大川工業高校からも二人が入賞した。

  2. 大和町寿大学 雲龍について学ぶ
     大和町中央公民館が高齢者向けに開講している寿大学はこのほど、一般教養講座を開き、雲龍の館の平田喜勝館長が「十代横綱雲龍久吉と国際交流」を演題に講演した。雲龍の偉業について、「商品券のデザインで話題になった藩札発行にも力を尽くした」とエピソードを紹介した。

  3. まず合併成就させたい
     柳川市議会定例会は九日、本会議を再開、七日の台風18号の影響で延期になっていた議案質疑で始まり、平成十五年度水道事業会計決算の認定は建設、十六年度一般会計補正予算は総務、建築指導条例の制定は建設の各常任委員会に審査を付託。そのあと、一般質問が行われ、五議員が登壇。新柳川市長への立候補の意思を聞かれた河野弘史市長は「まず合併を成就させたい。まだぜんぜん準備していない」と即答を避けた。一般質問は九、十の二日間予定されていたが、九日の一日で終了したことから、十日は休会となる。
     

平成16年9月11日(土曜日)

大牟田版

  1. 荒尾産業団地に企業進出
     荒尾市水野の荒尾産業団地に鉄鋼製品卸・販売の竃島鉄鋼店(本社・上益城郡嘉島町、野島眞三郎社長)が進出することになり十日、荒尾市役所で同市と同社による立地協定の調印式が行われた。中小企業基盤整備機構(旧地域振興整備公団)が造成、分譲している同産業団地への立地は四年ぶり三社目。

  2. 拙速な公共施設見直し計画中止など求める
     連合福岡南筑後地域協議会(小畑正幸議長)は十二日、大牟田市動物園などで「動物園や労働福祉会館をはじめとする拙速な公共施設見直し計画の中止と地域住民の声を反映した行財政改革の推進を求める」署名活動を行う。

  3. 町長不在で定例会開幕
     三池郡高田町議会の定例会が十日、開幕した。今定例会は前町長の任期途中の退職により町長が不在。平成八年九月以来、同町では二度目の町長不在の議会となった。
     

柳川版

  1. 国際理解に郷土愛体験
     子どもたちが健やかに成長するようにと総合学習の取り組みの一環で、十日、柳川市の城内小学校(田島明久校長)で教育コンサルタントのリチャード・グレアンさん(29)を迎えての英語のライブショー、三橋町の矢ケ部小学校(横山恵美子校長)ではかかし作りがあった。両小とも全児童が参加し、ふれあった。

  2. 高齢者の長寿祝う
     大和町の石田宝蔵町長と同町社会福祉協議会の原田捷馬会長が十日、町内の九十五歳以上のお年寄り八人を訪問し、長寿を祝い商工会発行の商品券を贈った。

  3. 合併協廃止など提案
     山川町議会定例会は十三日に開会する。今定例会には、瀬高町と高田町との三町で進めてきた合併協議会の廃止案をはじめ、十月にオープンする山川町民センターの設置に関係する条例制定など十三件が提案される。
     

平成16年9月12日(日曜日)

大牟田版

  1. 健やかに老いる
     大牟田地域健康推進協議会(古賀道雄会長)主催、大牟田市共催の第二十七回大牟田市健康づくり市民大会が十一日、大牟田文化会館で開かれた。世界でもトップの平均寿命の一方で少子高齢化が進む日本の実情を学びながら健やかに老いるための健康法を探った。十二日は検診や展示コーナーを設けた「みんなの健康展」がある。

  2. 高校生が まちの将来像描く
     大牟田市の次世代育成支援事業の一環として、同市甘木、大牟田北高校(上田廣志校長)の二年生が九日、同校で少子化などの課題を考えるワークショップに取り組んだ。生徒四十人が子どものころを振り返り、夢を語りながら理想とするまちの将来像を描いた。

  3. 5カ月ぶりに件数増
     東京経済久留米支店がまとめた平成十六年八月度の筑後地区企業倒産状況によると、倒産件数は十件で前年同月比六件の増加。それに伴い負債額も総額十六億三千四百万円で同比十二億三千四百万円増となった。件数は五カ月ぶりに前年同月を上回る結果となり、特に家具関連の倒産が全体の半数を占めるなど目立った。
     

柳川版

  1. 大川家具の販路開拓や拡大へ
     NPO法人「大川未来塾」(阿津坂芳徳理事長)はこのほど、大川市のヴィラベルディ二階ホールで、家具産地大川の現状と課題を考えるワークショップを実施。大川家具関連企業の経営者、デザイナーらが大川の現状や課題を分析。個別物流強化、日本最大の売り場づくり、デザイナーと企業を結ぶコーディネーターづくりなど未来へのアイデアを出し合った。

  2. 集団生活で”生きる力”を
     瀬高町教育委員会は、同町本吉の清水山荘で町内の小学生が集団で宿泊研修する「清山学寮」(せいざんがくりょう)を実施している。三小学校の児童が四泊五日で同山荘に宿泊し、町内の他校に留学。十一日は竹細工やカヌーなどを体験した。

  3. 安心して生活できる地域へ
     三橋町社会福祉大会(町社会福祉協議会、町老人クラブ連合会、同大会実行委員会主催)がこのほど、町中央公民館であった。多くの町民や福祉関係者らが参加。誰もが安心して生活できる地域づくりへの意識を高めた。
     

平成16年9月14日(火曜日)

大牟田版

  1. 高校生は定住に消極的
     半数を超える高校生は卒業後、今住んでいる地域に住みたくない―。大牟田市が新総合計画(仮称)策定に向け実施したアンケートで定住に消極的な結果が出た。また同市の目指すまちづくりの方向は、いろんな店がたくさんあり、多くの買い物客でにぎわう「商業のまち」、自慢できるところは「大蛇山・夏祭り」がトップだった。

  2. 動物園存続目指し署名活動
     「子どもが喜ぶのに廃止になったら困ります」―。大牟田市が進めている二十九公共施設の見直しをめぐり二団体が十二日、市動物園などで動物園などの存続を求める署名活動を行った。「わたしたちをまもってね」と子どもが描いたイラストが飾られ、「動物園は市民の憩いの場」とする呼び掛けに、地元をはじめ県内外から訪れた家族連れの来園者が署名に応じていた。

  3. プレー通じて交流深める
     第18回有明新報社杯有明地区親善ゴルフ大会(有明新報社主催、有明カントリークラブ共催)の運営委員会が十三日、有明カントリークラブ会議室で開かれた。主催、共催団体、大会役員と地区運営委員たちが出席して開催要項などを審議し、大会を十一月十一日に開催することなどを決定した。
     

柳川版

  1. 大地震や水害へ備える
     大川市の総合防災訓練が二十八日午後二時から、大川中央公園グラウンドで開かれる。十六機関から四百六十九人と車両四十九台が参加。大地震や火災、水害を想定した負傷者救出と救護、災害復旧などの訓練に取り組み、万一の場合に備える。

  2. 中島祇園祭フォト&絵コンテスト入賞者を表彰
     大和町中島三の市振興会の第二回中島祇園祭フォト&絵コンテスト(有明新報社など後援)の表彰式が十二日、同商店街内にある「憩いのサロン」であった。町長賞や商工会会長賞もあることで、石田宝蔵町長や小宮琢士会長も出席し、入賞者をたたえた。

  3. 安全安心なまちを実現
     国際ソロプチミスト柳川(立花幸枝会長、四十五人)は十三日、認証三十周年記念として、柳川、大川、瀬高の各警察署と柳川地方防犯協会にミニパトカーと広報車を寄贈した。柳川署で贈呈式があり、立花会長が「ミニパトを活用し安全安心なまちを」と呼び掛けた。
     

平成16年9月15日(水曜日)

大牟田版

  1. 福祉のまちづくりで活性化
     福祉のまちづくりで地域の活性化を図ろうと、大牟田市の中心商店街内に拠点を置く三つのNPO法人が福岡県の委託事業に取り組む。中心商店街などと手を携えて取り組むタウンモビリティによる安心安全のまちづくりを日常的に展開。十六日にタウンモビリティまちづくり講演会を開き、福祉への意識を高める。

  2. 3町合併めぐり動議
     三池郡高田町議会定例会の本会議が十四日、再開された。山門郡瀬高町、山川町との三町合併問題をめぐり、冒頭で桑野秀敏副議長の副議長不信任動議、続いて今福光行議員の議員辞職勧告動議が出された。日程に加え討論・採決し、それぞれ賛成多数で可決。瀬高町・山川町・高田町合併協議会の廃止、平成十六年度一般会計補正予算など四件を可決し閉会した。

  3. ボランティア整備の花壇荒らされる
     国土交通省、大牟田市と「ボランティア・サポート・プログラム」を協定し、国道二〇八号線沿いの花壇整備などに取り組んでいる築町商店街で十四日、飾り付けられていた鉢が割られるなどの被害が出ていることが分かった。中心商店街の入り口としてボランティアで取り組んでいる商店街関係者の気持ちを踏みにじる行為に、「あまりにもひどい」と関係者も憤慨している。
     

柳川版

  1. 活性化へキャラクター導入
     経済産業省の文化服装学院との連携事業で活性化に取り組んでいる柳川商店街振興組合(恒吉清隆理事長)は十五日から、柳川信用金庫本店で、同商店街キャラクター人気投票を行う。今月いっぱい香蘭ファッションデザイン専門学校(福岡市中央区大手門)の学生たちがデザインした九十七点を展示し、来店者に好きな作品を選んで投票してもらうもの。また、三柱神社秋季大祭「おにぎえ」初日の十月九日に同商店街第二駐車場でファッションショーを催すことが決まった。

  2. やまとレクスポ祭にぎわう
     やまとレクスポ祭が十二日、大和町B&G海洋センターなどであった。ニュースポーツ体験コーナーと同町体育協会各部の競技があり、約千三百人の町民らが参加し心地よい汗を流した。

  3. お年寄りの交通事故防止を
     瀬高警察署(児玉英一署長)の高齢者交通安全対策会議が十四日、同署で開かれ、同署は二十一日から始まる秋の交通安全県民運動を前に、管内の交通情勢や十一月一日から施行される改正道路交通法などについて老人クラブ連合会など各種団体に説明し、交通事故防止の徹底を呼び掛けた。
     

平成16年9月16日(木曜日)

大牟田版

  1. 二輪車リサイクルシステムに対応
     大牟田市は、大型ごみとして無料で行っている原付バイク(排気量五〇t以下)の回収を年内で取りやめる。メーカーが十月一日にスタートさせる二輪車のリサイクルシステムに対応させる。

  2. 大牟田市民児協 ふれあい子どもプラン作成
     大牟田市民生委員・児童委員協議会(平嶋英樹会長)は、児童問題に関する今後の取り組みの指針となる「ふれあい子どもプラン」をまとめた。「児童委員」として自ら活動へ意識を高め、地域への周知を図り、さらに学校などとの連携を深めるきっかけにする。

  3. 「解散」めぐり一時騒然
     玉名地域一市八町合併協議会は十四日、玉名市民会館で第二十一回会合を開き、会長を務める吉田勝也天水町長が、先の市町長会で「(合併協議会)解散の提案」があったことを報告。提案した菊水町の前淵治町長は「合併に対する考えに他市町と温度差がある」と述べ、会合は一時騒然とし、結論は持ち越しとなった。
     

柳川版

  1. 柳川漁協誕生へ
     柳川市の久間田・西宮永・東宮永の三漁業協同組合合併推進委員会(委員長・河野弘史市長)が十五日、市民会館で開かれた。二十六日に各漁協でそれぞれ合併総会を開き、合併が承認されれば、平成十七年四月一日に「柳川漁協」が誕生することを確認した。福岡県有明海漁連管内では大牟田漁連解散に伴い、のり共販のために合併した大牟田漁協を除き、基盤強化を図るための合併は初めてという。

  2. 市補助の市場調査研究生きる
     大川木材事業協同組合(新原明理事長)と東京都にある大手ゼネコンの子会社がこのほど、ミャンマーからの輸入木材の売買契約を結んだ。同組合は大川市からの補助金を受け、ミャンマーで木材市場の調査研究をしてから木材輸入を始めたが、組合以外へ販売するのはこれが初めて。「今回の取り引きを新たな仕事の開拓につなげたい」と同組合。

  3. 各議会で廃止議案可決
     瀬高町・山川町・高田町合併協議会の廃止議案が十五日までに、三町の町議会で可決した。これにより、同合併協議会は三十日をもって廃止されることが正式に決まった。
     

平成16年9月17日(金曜日)

大牟田版

  1. 心も体もリフレッシュ
     十九日に五周年記念事業を行う大牟田市四ケのリフレスおおむた。オープンして三年目には利用者数が四万人を超えるなど、「自然に囲まれた施設で、心と体をリフレッシュできる」という声が利用者から上がり、市内外の人たちから親しまれている。

  2. 市長ら幹部職員陳謝
     大牟田市議会定例会は十六日午前十時から本会議を再開し、質疑・質問を行う予定だったが、十五日の質問に対する市当局の答弁に的確さに欠ける発言があり、議会軽視として空転した。午後一時半すぎ本会議が開会、古賀道雄市長をはじめ幹部職員が「質疑・質問を十分に斟酌(しんしゃく)し、適切な答弁と思慮深き対応をすべきところ、不十分な対応により、議会運営に混乱を来したことは誠に遺憾」と陳謝。藤田次夫議長は「議会軽視と指摘されないよう、神聖な議場における質疑・質問の意議、重みを十分認識し答弁されるよう」と要請した。このあと四人が一般質問した。

  3. 「風俗環境浄化」に全力
     大牟田地区風俗営業管理者等連絡協議会(猪飼久司会長)の平成十六年度定期総会が十六日、大牟田警察署三階会議室で開かれた。今年度も事業の重点を昨年に引き続き「風俗環境の浄化」と「暴力追放」に置き、全国地域安全運動に取り組むことをはじめ、年末には暴追パトロールなどを実施することを決めた。
     

柳川版

  1. 経営革新への勇気を
     山門三池郡の三橋、大和、瀬高、山川、高田の五町商工会が主催する「げんき塾」が十五日、三橋町商工会館で開講した。テーマは経営革新。受講者は新たなビジネス展開、顧客の満足度向上など売り上げアップ、収益向上を図るための方法を考えた。十月までに五回開かれる。

  2. 夜間や交差点の事故防止を
     秋の交通安全県民運動が二十一日からスタートする。三十日までの期間中、夕暮れ時と夜間の交通事故防止▽シートベルトとチャイルドシートの正しい着用徹底▽交差点の交通事故防止―の三点を重点項目に、柳川、大川、瀬高地方でも街頭キャンペーンや交通安全教室などが一斉に繰り広げられる。

  3. 柳川市の高齢化率23.6%
     「敬老の日」の二十日、柳川市は敬老祝い訪問を計画している。河野弘史市長が希望のあった九十五歳以上の長寿者宅四十九軒を訪問する。同市の六十五歳以上が総人口に占める割合の高齢化率は二三・六%(九月一日現在)。
     

平成16年9月18日(土曜日)

大牟田版

  1. 新たな観光の名所に
     大牟田の新しい観光の名所に―。大牟田観光協会(鵜殿英昭会長)は十八日から、大牟田市健老町のエコサンクセンター西側の遊休地に広がるひまわり畑で今年から「ひまわりフェスタ2004」を開催。同日午前十時からはオープニングセレモニーも行うことにしており、十月三日までの期間中、多くの来場を呼び掛けている。

  2. 大牟田美術展が開幕
     第五十三回大牟田美術展が十七日、大牟田文化会館で始まった。洋画や彫塑、書道、陶芸、日本画、染色、写真の各部門に大牟田市や近郊から力作がそろい、来場者を魅了している。二十五日まで。  同展は大牟田美術協会や大牟田市教育委員会、おおむた市民文化祭実行委員会などが共催。福岡県美術協会後援。

  3. 飲酒事故は故意と同じ
     大牟田警察署(中村隆一署長)は十七日、今月下旬から大牟田市大正町・新栄町地区における環境浄化作戦に取り組んでいくことを発表した。「違法駐車」や「飲酒運転」など悪質違反の根絶を目指し、重点的な取り締まりと街頭犯罪等の未然防止を中心に活動を実施していく構え。
     

柳川版

  1. 荒牧会長を再任
     福岡県有明海漁連の通常総会と組合長会議が十七日、三橋町の県有明海水産会館で開かれ、荒牧巧会長(69)の再任など新役員が承認された。任期は三年で、「有明海の再生に最大限の努力をしたい」と抱負を述べた。また、長崎県の国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の中長期開門調査を求める海上デモについては、台風18号の影響などで九月中に行うことは見送られた。

  2. 健康づくりのリーダーに
     誰もが健やかでいきいきと心豊かに暮らせるまちづくりを目指す「柳川山門三池いきいきプラン21」が、十六日に開かれた「てくてくサポーター養成講座」と十七日にあった「いきいきサポーター養成講座」を皮切りに本格始動した。両講座では、運動面や喫煙、食生活などの観点から、地域で健康づくりに取り組むリーダーを養成する。

  3. 建築指導条例を可決
     柳川市議会定例会本会議が十七日再開され、付託された議案や請願について、各常任委員長が報告し、採決が行われた。建設常任委員会審査で、可否同数となり、委員長が賛成に回り、原案可決すべきとしていた市建築指導条例の制定については賛成多数で可決。新たに意見書二件が追加提案され、可決して、今定例会は閉会した。
     

平成16年9月20日(月曜日)

大牟田版

  1. あす高田町長選告示
     三池郡高田町長選挙が二十一日、告示される。投開票は二十六日。山門郡瀬高、山川町との三町合併をめぐり前町長が任期途中に退職したことに伴うもので、合併問題を含めた将来の町政のかじ取り役を決める選挙に、町内だけでなく近隣町の関心も高まっている。

  2. 80万本の大輪見においで!!
     大牟田観光協会(鵜殿英昭会長)は十八日、大牟田市健老町のエコサンクセンター西側遊休地に広がるヒマワリ畑で同日からスタートした「ひまわりフェスタ2004」のオープニングセレモニーを実施した。今月末ごろには満開になると予想されており、「約八十万本の大輪をぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。フェスタは十月三日まで。

  3. 少しでも夢に近付きたい
     創業の夢果たして―。独立開業を目指す起業家を支援する研修会「創業塾」が十八日、大牟田商工会議所で開講した。二十八人の受講生は「自分で何かをしたい」「少しでも夢に近付きたい」などとそれぞれの目標を語ると、開業にあたっての心構えを真剣な表情で学んでいた。日本商工会議所、大牟田、荒尾商工会議所主催。
     

柳川版

  1. 文化・スポーツの”秋”
     まだ残暑があるものの、秋の気配を感じるようになった。柳川、大川市、山門郡の各町でも十九日、多彩なスポーツ・文化行事があり、秋を満喫していた。また、観光のまち柳川には多くの観光客が訪れ、目玉の川下りには長い列ができていた。

  2. 海老名弾正顕彰碑が完成
     柳川市出身の同志社大学第八代総長、海老名弾正の顕彰碑除幕式が十八日、柳川市新外町の川下りコース沿いであった。主催者の同志社校友会久留米クラブ海老名弾正顕彰碑建立実行委員会の秋島晃二会長ら約百五十人が出席し完成を祝った。

  3. 白秋の初恋学ぶ
     柳川ふるさと塾(原達郎塾長)の九月例会が十九日、市総合保健福祉センター「水の郷」であった。三十人を超える参加があり、原塾長の「白秋の初恋と紺屋のおろく」の説明を聞き、学んだ。
     

平成16年9月21日(火曜日)

大牟田版

  1. 魅力ある大牟田に・・・
     新総合計画(仮称)の策定を進める大牟田市は、高校生を対象に八月下旬に開いた次世代ワークショップの実施報告をまとめた。同市を魅力あるまちにするためには、つぶれた店舗の再利用や若者の祭りへの参加などの意見が出された。策定の基礎資料として活用する。

  2. 青年技能優秀者を新設
     大牟田市雇用問題協議会(会長・古賀道雄市長)は、技能功労者と青年技能優秀者表彰の推薦を受け付けている。青年技能優秀者表彰は、若年技能者の育成を目指し平成十六年度から新たに創設された。

  3. 有明海の窮状訴える
     民主党「三公共事業マニフェストを実現する会」(佐藤謙一郎会長)は二十日、大牟田市のエコサンクセンターで有明海沿岸漁民と交流会を開いた。漁民は有明海の環境悪化を訴え、諫早湾干拓の水門開門調査を求める声が相次いだ。
     

柳川版

  1. 元気でさわやかに
     「敬老の日」の二十日、各地で長寿を祝う行事があった。柳川市は市長が希望があった九十五歳以上の長寿者宅を一軒一軒訪問し、祝い状などを手渡した。また、瀬高町と山川町は町が主催して敬老会を開いた。地域や施設などでの祝いの行事があり、お年寄りたちの笑顔があふれた。

  2. 郷土の明日担う”未来人”スクール
     大川青年会議所(野口雅弘理事長)は十八日から二十日まで、大川市ふれあいの家などで二〇〇四未来人スクールを実施した。「出会い!発見!夢・感動」をテーマに、子どもたちが木製ベンチ製作、ウオークラリーなどで友情をはぐくんだ。

  3. 「助け合って幸せに」
     瀬高、山川、高田町で地域通貨「ハッピー」が誕生する。地域で安心して暮らせる社会づくりを目的に、地元の助け合い活動グループ(坂田智幸代表)が発行する。まずは福祉などで役立てたい考えで、二十五日午後七時半から瀬高町中央公民館で発行するグループ「地域通貨ハッピー」の発会式を行う。
     
平成16年9月22日(水曜日)

大牟田版

  1. 合併推進2候補が激突
     三池郡高田町の前町長の任期途中の退職に伴う町長選挙が二十一日告示され、先に出馬を表明していた二氏が立候補。三町合併問題をめぐり大きく揺れる高田町政の新しいかじ取り役を決める五日間の選挙戦の火ぶたが切って落とされた。投開票日は二十六日。

  2. 野鳥から有明海再生考える
     日本野鳥の会九州・沖縄ブロック大会in筑後(同ブロック主催)が十九日、大牟田市甘木の大牟田ハイツで開かれた。「有明海の再生を考える」をテーマに、鳥の調査や保護活動についての講演会やフリートーキングを通して参加者が環境問題を考えた。また翌日の二十日は大川市の大野島などで探鳥会を行った。

  3. 台風被害の梨産地救え
     強い雨と風の影響で、大きな農作物被害をもたらした台風16号、18号。梨産地の荒尾市でも、主力品種「新高」が出荷を前に半数が落果した。落ち梨の一部は、大型商店の協力で半額以下の価格で販売、また市内の小中学校の給食でコンポート(砂糖煮)などとして利用された。さらに梨の有効活用を目的とする加工所が新商品を開発するなど、梨産地のイメージアップにつなげる取り組みが続いている。
     

柳川版

  1. 阿武選手が柳川高で報告
     今夏にあったアテネ五輪柔道女子78`級で金メダルを獲得した阿武教子選手(28)は二十一日、母校の柳川高校で金メダル獲得を報告した。阿武選手は「皆さんにもたくさんの出会いとチャンスがあると思う。それを逃さないで。目標とか、人との出会いが自分を大きくしてくれる」と出席した千百人ほどの後輩たちに呼び掛けた。

  2. ”大川木工まつりに来て”
     十月一日から三日まで開かれる大川木工まつりをアピールしようと、大川市からのまつりキャンペーン隊が二十一日、県庁でキャンペーンを実施。麻生渡知事や幹部職員らにまつりをアピールし、多くの来場を呼び掛けた。

  3. 交通事故減らそう
     秋の交通安全県民運動が二十一日、スタートした。柳川、大川、瀬高の各警察署管内では出陣式や出発式があり、各地域の関係団体などが集結し、首長や警察署長が運動の重点目標などを訓辞。期間中の交通事故防止などを呼び掛け、士気を高めた。
     

平成16年9月23日(木曜日)

大牟田版

  1. 諏訪川に少年の遺体、女を逮捕
     福岡県警捜査一課と大牟田署は二十二日午前零時五十三分、死体遺棄の疑いで大牟田市桜町の無職、北村真美容疑者(45)を逮捕。また同日午前十時十六分、北村容疑者の逮捕理由などを聞きに来た建設業の夫(60)が、同署取調室で捜査員と話をしていた際、いきなり所持していたけん銃で自分の頭をめがけて発射、市内の病院へ搬送され治療を受けている。

  2. 梨泥棒退治に警察犬
     収穫期を迎えたジャンボ梨「新高」の窃盗を防ごうと、荒尾市と玉名郡長洲町の梨生産者と荒尾警察署は二十一日夜、合同の夜間パトロールを実施。暗くて広い梨園の監視に最適として、警察犬二匹を連れて見回った。

  3. 自分の命は自分で守る
     三池海上保安部(武末治己部長)は二十二日、三池港内の同保安部巡視艇桟橋で「ライフジャケット着用推進モデル漁協」に大牟田市の三里漁業協同組合(積紀幸組合長)を指定した。漁船九隻と巡視艇「いけかぜ」による出発式や海上パレードが行われ、同組合員らは「自分の命は自分で守る」と危機管理への意識を高めていた。
     

柳川版

  1. 大川のいいところPRします
     大川の新しい親善大使決まる―。大川青年会議所(野口雅弘理事長)は二十二日までに、第二十四代さわやかかぐや姫に柳川市片原町、幼稚園教諭、猿渡美香さん(22)と大川市中古賀、大学生、林歩美さん(19)の二人が選ばれたと発表した。二人はこれから一年間、市の公式行事や各種キャンペーンなどに参加。笑顔と明るさで大川をPRする。

  2. 柳川・大和・、三橋社協合併契約締結など承認
     柳川市・大和町・三橋町三社会福祉協議会の合併に向け準備を進めている柳川市社協と三橋町社協は二十二日、それぞれ、総合保健福祉センターの「水の郷」と「サンブリッジ」で理事会と評議員会を開き、合併契約締結についてなどを承認した。大和町社協は二十九日に予定している。一市二町社協は十月四日午前十一時から柳川消防署で合併調印式をする。

  3. 突き板に押花を
     大川市向島の化粧合板メーカー「アサヒ突板工業」(筬島義郎社長)と、押し花を通じたまちおこしに取り組む熊本県菊鹿町の第三セクター「菊鹿フラワーバンク」による合同展示会が同市上巻のアジアンキッチン「タージ」で開かれ、両社のユニークな製品や試作品が来店客の注目を集めている。二十八日まで。
     

平成16年9月24日(金曜日)

大牟田版

  1. 労基署が防止措置要請へ
     大牟田労働基準監督署管内(大牟田、柳川市、三池郡高田町、山門郡三橋、大和、瀬高、山川町)は、九月中に台風に伴うスレート改修工事中にスレートの踏み抜きによる三件の事故で三人が死傷するなど、六月以降に死亡事故を含む五件の墜落事故が発生している。このため、同労基署は二十四日、管内の塗装、屋根工事事業者十八団体を通じ会員企業に対し、墜落防止措置の徹底を求め、防止措置が講じられない場合は、労働安全衛生法違反として送検を含め厳正な措置を講じる要請文を郵送する。

  2. 新工法で橋りょう工事
     国土交通省九州地方整備局福岡国道事務所有明海沿岸道路出張所は、三十日午後一時半から大牟田市岬町で「気泡混合軽量盛土工法」の試験施工現場見学会を開く。同出張所は橋りょう工事建設でコスト縮減を目指し、現場で発生する土砂やリサイクルしたペットボトルの短繊維を使用した新たな工法を検討しており、試験施工を行う。

  3. 雨の中、フェスタにぎわう
     動物愛護週間に合わせ、大牟田市の第十七回動物フェスティバルおおむたが二十三日、同市動物園で開かれた。雨にもかかわらず、家族連れなど多くの人たちが来場。慰霊祭をはじめオリエンテーリング、ビンゴゲームなどのイベントを通して動物とふれあった。
     
柳川版
  1. 「秋分の日」に柳川で壇一雄文学顕彰祭
     柳川市で育った直木賞作家・檀一雄の文学顕彰祭(生誕九十二年)が「秋分の日」の二十三日、柳川市坂本町の柳川婦人会館であった。檀一雄の長男太郎さん、長女ふみさん、弟の高岩淡さんも出席し、顕彰会の会員ら約百人が講話、作品朗読、合唱で遺徳をしのんだ。

  2. 10月12日オープン
     山川町民センター(同町尾野)は十月十二日にオープンすることが正式に決まった。同月は、一日に施工業者から町に引き渡され、四日と五日に一般の見学会を実施する。十五日に開かれるこけら落としでは、落語家の三笑亭夢之助さんらが公演し、町民待望の施設の完成を祝う。

  3. 水害に備える
     平成十六年度県柳川土木事務所管内筑後川水防演習が二十三日、大川市大野島の筑後川総合運動公園であった。柳川、大川市と大木、城島、三潴町の消防団員が水防マット、シート張りなど五つの水防工法を披露。行政や防災関係機関が水害への備えを高めた。


     

平成16年9月25日(土曜日)

大牟田版

  1. 永利会頭が辞意表明
     永利新一大牟田商工会議所会頭(62)は二十四日、同商工会議所で記者会見を開き、今年十月三十一日の任期満了に伴い辞任する意向を表明。後任の会頭には板床定男副会頭(67)を推薦し同日開かれた正副会頭会議において了承を得た。会頭などの正式な就任は十一月一日に開かれる議員総会で決まる。

  2. 高田町長選あす投開票
     三池郡高田町の町長選挙が二十六日、投開票され有権者の審判が下る。立候補しているのは会社顧問の高野道生候補(59)=北新開=と前町助役の前原健治候補(59)=江浦=の二人(届け出順)。五日間の選挙戦が終盤となり、無所属新人の二候補の争いがし烈をきわめている。また、開票の結果、大勢が判明するのは二十六日午後十一時ごろとなるもよう。

  3. 川底の車から3遺体発見、行方不明の母らと判明
     大牟田市沖田町の諏訪川で、同市小浜町の高校一年生、高見穣吏さん(15)の遺体が発見された事件で、福岡県警捜査一課と大牟田署は二十四日午前十時過ぎから、捜査員約六十人を同河川に投入し引き続き遺留品などの捜索にあたった。二十三日、川底からは軽乗用車が見つかり、車内から遺体で発見された男女三人は行方不明になっていた穣吏さんの母親、小夜子さん(58)、大学生の兄、龍幸さん(18)、兄の友人である高校生、原純一さん(17)の三人であることが判明した。
     

柳川版

  1. 4年制大学 20年に開学へ
     瀬高町の鬼丸岳城町長が二十四日、町議会定例会の一般質問で町が誘致を目指している保健・医療・福祉系の四年制大学について、平成二十年四月に開学し、「看護」「医療経営・情報」「健康開発」の学部学科を設け、千人程度の総定員―などとする覚書を、聖マリア病院などを運営する医療法人雪ノ聖母会=久留米市=と今年七月に取り交わしていたことを明らかにした。

  2. コスモス園10月9日開園
     柳川市橋本町の不燃物処理場西側の同市コスモス園が十月九日開園することが決まった。今年は台風18号の影響で、有明海から塩水が入り、苗を移植したことから、昨年の半分の約三万平方bに会場を狭めて開放する。予定より一週間遅れの開園で、期間は十月三十一日まで午前八時半から午後五時まで。

  3. やまと競艇学校で卒業記念レース
     全国唯一の競艇訓練場である、大和町大坪のやまと競艇学校(大崎周一校長)で二十四日、第九十五期選手養成員卒業記念競走があった。二十八人の卒業生が一年間の訓練の成果を発揮すべくレースに臨んだ。
     

平成16年9月27日(月曜日)

統合版

  1. 新町長に前原氏
     三池郡高田町の町長選挙が26日、投開票され、新人で前町助役の前原健治氏(59)=江浦=が4643票を獲得し、初当選を果たした。会社顧問の高野道生氏(59)=北新開=は4621票でわずか22票及ばなかった。合併問題も含め新しいかじ取り役を決める選挙となり、町民の関心が高かったことから投票率は76.4%となり、前回(70.64%)を6ポイント上回った。

  2. 国保事業、し尿処理など提案
     大川市・大木町合併協議会の九回会議が25日、大川市のワークピア大川であった。合併協定項目に関する協議事項六項目が審議され、四項目を原案承認、二項目は継続協議となった。このほか、次回の協議事項として五項目が提案された。承認された項目は公営住宅の取り扱い、防災関係の取り扱い、学校教育事業の取り扱い。

  3. 穣吏さんら4人の殺害にも関与か
     大牟田市沖田町の諏訪川で、同市小浜町の高校一年生、高見穣吏さん(15)ら四人の遺体が見つかった事件で、福岡県警捜査本部は25日、穣吏さんの死体遺棄容疑で逮捕した北村真美容疑者(45)=23日、福岡地検久留米支部に送検済み=の息子、北村孝紘容疑者(20)=同市桜町=を同容疑で逮捕していたことを発表した。捜査本部は真美、孝紘両容疑者が四人の死体遺棄にとどまらず殺害にも関与していたと見て追及していく方針。
     
平成16年9月28日(火曜日)

大牟田版

  1. 目標に向かい金メダルを
     オリンピック柔道競技の金メダリストでアテネ五輪の柔道競技男子監督を務めた斉藤仁さんを迎えた記念講演が二十五日、大牟田市草木の大牟田高校第一体育館であった。同校の創立八十五周年を記念した事業の一環で開かれたもので、同校と大牟田中学校の生徒ら約千六百人が出席し耳を傾けた。また、同日は、新築された柔道場の落成を記念し、招待チームとの錬成試合も行われた。

  2. 動物愛護思想高まる
     二十六日まで動物愛護週間―。大牟田市大浦町、市動物管理センターで愛護週間最終日となった二十六日、平成十六年度動物慰霊祭(大牟田市動物管理センター主催)が行われた。約四十人が参列し、十五年度に処分した犬二百十頭と、各家庭で死亡したペットのめい福を祈った。処分は年々減少しており、動物愛護思想が高まっているためといえそうだ。

  3. 合併に全力で取り組む
     三池郡高田町の町長選挙の投開票から一夜明けた二十七日、初当選した前原健治町長が初登庁。町職員に拍手で迎えられたあと、三階大会議室で就任式が行われ、前原町長は「合併によるまちづくりへの決意を強く持っている」と抱負を語った。
     

柳川版

  1. ”大川木工まつりに来て”
     大川木工まつり(同まつり実行委員会主催)が十月一日から三日まで大川産業会館、大川中央公園を中心に開かれる。今年はまつりの原点に返って大川の木工業の魅力アピールを強化しようと産業祭色を強め、産業会館の全館を家具、建具、伝統工芸品で埋める。このほか、大川「夢道中」などさまざまなイベントを計画している。

  2. 総会で関連議案を承認
     合併を進めている柳川市の久間田・西宮永・東宮永の三漁業協同組合は二十六日、それぞれ総会を開き、合併関連議案を承認した。近く柳川市長の立ち会いのもと、三漁協組合長が調印式を行う。このことで、平成十七年四月一日に「柳川漁協」が誕生することがほぼ決まった。

  3. 白秋の故郷で歌披露
     フレンドシップコンサートin柳川(同実行委員会、北原白秋生家保存会主催)が二十五日、柳川市民会館大ホールで開かれた。「男声合唱の幻の故郷」と言われる白秋の故郷柳川で、早稲田大学OBなどでつくる大阪稲門グリークラブをはじめ地元の合唱団が、歌い継がれる愛唱歌を披露した。
     

平成16年9月29日(水曜日)

大牟田版

  1. 心とからだの健康づくり
     「レッドカードが出る前に心とからだの健康づくり」をスローガンに、全国労働衛生週間が十月一日から七日まで行われる。大牟田労働基準監督署管内(大牟田、柳川市、三池郡高田町、山門郡三橋、大和、瀬高、山川町)では準備期間の九月中に推進大会が開かれ、各事業場では日常の労働衛生活動の総点検など準備が進められている。

  2. 安全で温かみのある学校を
     三里・三川小学校再編後の新校開校のための協議会(江口真弘会長)は二十八日、大牟田市役所を訪れ、古賀道雄市長および荒木和久教育長に対し要望書を提出。児童の安全確保や温かみあふれる学校施設の整備などを求めた。

  3. 台風18号被害は3億円近く
     荒尾市内の台風18号(今月七日に長崎県上陸)の被害総額は二億九千二百五十七万一千円にのぼることがこのほど同市のまとめで分かった。農林水産関係だけでも二億一千五百万円近くあり、梨(新高)の落果が一億八千万円あまりで被害額は一番大きかった。
     

柳川版

  1. すみたい こんなまち
     柳川青年会議所(進藤栄理事長)が柳川、三橋、大和の一市二町の小学生を対象に募集した第二回「みんながすみたいこんなまち」絵コンクール審査が二十八日、柳川市の城内小学校体育館であった。画家で二紀会評議員の北原悌二郎さんが審査を行い、各首長賞、理事長賞など六十点の入賞作品を選んだ。

  2. 大地震や水害に備える
     平成十六年度大川市総合防災訓練が二十八日、大川中央公園グラウンドであった。市や防災関係機関・団体、地域住民らおよそ四百七十人が参加。大地震や水害を想定したさまざまな訓練に取り組み、災害への備えを強化した。

  3. 「子育てすんなら柳川たい」
     第一回市民フォーラム みんなで創ろう「子育てすんなら柳川たい」が十一月二十三日午後一時半から柳川市総合保健福祉センター「水の郷」のホールと和室で行われることが決まった。主催は柳川市子育て支援センターとまちづくりネットワーク柳川。
     

平成16年9月30日(木曜日)

大牟田版

  1. ”協働”まちづくり
     まちづくりの指針となる新総合計画(仮称、計画期間平成十八〜二十七年度)の策定を進める大牟田市は、十月中に市民意識調査の最終取りまとめを行い、十二月ごろ総合計画審議会委員の市民公募を行う。市議会九月定例会で総合計画審議会条例の一部改正が可決され、委員の構成メンバーとして「公募による市民」が明文化され、市民と行政の協働によるまちづくりを目指す。

  2. 動物たちを快適に
     大牟田市動物園(西山孝幸園長)が飼育する動物の調査・研究として、福岡コミュニケーションアート専門学校の生徒たちが同園を訪れた。ケージの中にアスレチックを製作するなど約一カ月にわたり、同園の動物たちがケージの中でもなるべく快適に過ごせるよう調査・研究に取り組んだ。

  3. 子育て支援に活用を
     今月開講した大牟田市の子育て支援組織、おおむたファミリーサポートセンターの協力会員養成講座が終了、新たに十六人が登録し、会員は四百十六人に増えた。八月、九月と利用件数も伸びていて、同センターは今後、さらに広報活動を充実させ、子育て支援のために多くの人に活用してもらいたいという。
     

柳川版

  1. 詩聖北原白秋をアピール
     柳川市は二十九日、市の事業として行う北原白秋生誕百二十周年記念事業の内容を説明した。映画監督の山田洋次さんを迎えての記念講演会、エコーはがき発売に加え、北原白秋生家保存会(理事長・河野弘史市長)が白秋かるたと写真付き記念切手シートを発売することにしている。柳川で生まれた白秋については命日の十一月二日を挟み一日から三日まで白秋祭水上パレードや式典が行われているが、「若い人たちに白秋の名前が薄れ、もっと郷土の詩聖をアピールするためにも生誕祭も」(河野市長)から実現した。

  2. 新社協は会費制導入
     柳川市・大和町・三橋町社会福祉協議会合併契約調印式が十月四日午前十一時から、柳川消防署四階講堂である。これまで合併協定十七項目が承認されており、この日は三会長が出席し、契約調印する。承認された項目の中で、新社協で会費制度が導入されることが二十九日分かった。

  3. 大型倒産で離職者増加
     久留米公共職業安定所大川出張所(緒方正所長)は八月分の管内(大川市、大木町、城島町)の労働市場動向をまとめた。有効求人倍率は前月と同じく〇・三五倍。前年同月とも同じ数字だった。家具製造業者の大型倒産により、事業主都合による離職者や新規求職者の増加が目立った。